どんなにしんどくったって、母は台所に立たないといけない話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

椎間板ヘルニアが悪化して、休養中のかんみです。

おはよーございます。

腰が痛すぎて立ってても辛いのですが、

誰もごはんは作ってくれません。

ましてや、総菜や弁当に頼ると食費が恐ろしい状態になるので避けたい。

でも腰痛い。

でも食費がかさむ方がもっと痛い。

ってことで、作ります。

這ってでもキッチンに向かいます。

冷凍庫に眠ってた半額の豚こま切れ肉で豚丼を作ります。

にんにく入れたからスタ丼や。

優(三男・6歳)は紅ショウガなし。

反抗期に突入した虎ちゃん(次男・12歳)は

紅ショウガたっぷり。大人になったね。

でも口の利き方がかなりムカつくよ。

毎日腹立つけど、怒鳴り散らしすぎないよう心をセーブ・・・

お母さんは大変です。

反抗期で悪態つかれ口ごたえされようが、

ごはんに文句言われようが、

ヘルニアが悪化しようが、

ひたすら食事作り。

どんなことがあっても人間腹が減る。

どんなことがあってもお母さんは台所に立たねばならん。

誰か、ほめてくれ。

最後まで読んでくれてありがと~~
いつも応援クリックありがとうございます!
 ↓  ↓

節約料理ランキング

料理ランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする